悩める中小企業の味方!「中小企業退職金共済制度」が楽しくわかるオリジナル漫画「教えて! 退田さん」が公開中




独立行政法人勤労者退職金共済機構は、中小企業のための国の退職金制度「中小企業退職金共済制度(以下、中退共制度)」の特設サイトにおいて、オリジナル漫画「教えて! 退田さん」を10月1日より公開している。

「中退共制度」は、昭和34年に中小企業退職金共済法に基づき設けられた中小企業のための国の退職金制度。本制度は、中小・零細企業が単独では退職金制度をもつことが難しい状況を考慮してつくられたもので、中小企業の従業員の福祉の増進と雇用の安定、ひいては中小企業の振興と発展に寄与することを目的としている。国の退職金制度であるため安全・確実・有利で、管理も簡単となっている。この「中退共制度」は、独立行政法人勤労者退職金共済機構・中小企業退職金共済事業本部(中退共本部)が運営しており、2021年7月現在、約37万5千企業(所)、約360万人の従業員が加入している。

今回の企画では、10月の「中退共制度」加入促進強化月間にあわせて、オリジナル漫画「教えて! 退田さん」を公開。わかりやすく親しみやすい「漫画」というコンテンツを通して、楽しみながら「中退共制度」について知ることができる。また、漫画に登場するキャラクター「退田さん」が登場する、TVCM・広告・ポスターなど、漫画を活用したプロモーション活動の実施も予定している。

オリジナル漫画広告では、「マンガでわかる中退共」と題し、特設WEBサイトにおいてオリジナル漫画「教えて! 退田さん」を公開。アニメ感覚で視聴できる「漫画動画」と、より詳しい解説を加えた「漫画冊子版」の2つのバージョンを用意している。
漫画のメインキャラクターは、税理士の「退田さん」と、中小企業の事業主である「中村社長」。実際に「中退共制度」の加入を検討する際に、税理士や社会保険労務士に相談する事業主の方が多いことをふまえた、リアリティのある設定となっている。事業主と税理士のやり取りをベースとしたオリジナルストーリーを通じて、自然な流れで「中退共制度」の理解を深めることが可能なコンテンツになっている。

■登場人物
中村社長・・・中小企業の事業主。社員想いで真面目な性格。悩みは、若手社員の離職率が高いこと。
退田さん・・・税理士。中村社長をはじめとした、中小企業の事業主に対して、いつも的確なアドバイスをおこなっている。

■あらすじ
若手社員の退職が続いて落ち込んでいる、中村社長。「仕事に不満もなく、人間関係もよさそうだったのに、どうしてだろうなぁ…」税理士の退田さんに悩みを相談する。すると、退田さんから「社長、もしかして福利厚生が一因では?」と鋭い指摘が。思わずギクっとする中村社長。退田さんによると、いまの若い世代は、老後資金・家族の介護費・健康・医療費をはじめとしたお金にまつわる不安から「給与・福利厚生に関心が高まっている」のだそう。にもかかわらず、この会社は福利厚生がいまひとつ…そして「退職金」が出ない。退田さんは、「将来を考える社員は退職金のことを意識してますよ」と意見する。しかし、中村社長は、「そうは言っても、うちみたいな中小企業が退職金制度を取り入れるのは難しいよ…」とあきらめムード。そんな社長に対して、退田さんは、中小企業にぴったりな、とっておきの国の退職金制度を紹介する。


【「中退共制度」特設サイト】
https://chutaikyo.taisyokukin.go.jp/special/