日本初開催!ザ・ワールズ・ビッグ・スリープアウト in 東京2019

日本初開催!ザ・ワールズ・ビッグ・スリープアウトin東京2019




国際NGO世界の医療団日本は「The World’s Big Sleep Out」を、2019年12月7日(土)18時より、東京築地本願寺特設会場にて日本で初めて開催する。

このイベントは、世界同日12月7日(土)50都市・5万人が冬の一晩を実際に屋外で寝ることで、何らかの理由で家を持たない人々が日々味わっている寒さや痛み、不眠などの身体的苦痛、そして孤独や辛さ、苦しさを体験し、世界共通の課題に対する認識と共感を醸成しながら、住まいなき人々や難民の現状を知り、支援することを目的とした意義のあるイベントだ。

WBSO2019オフィシャルムービーより

ニューヨークはタイムズスクウェア、ロンドンではトラファルガースクウェアで実施される。多くの大物スターも本イベントに賛同しておりウィル・スミス、ヘレン・ミレン、コールドプレイのクリス・マーティンなどもイベントに参加する。5,000万ドル(約55億円)の寄付を目標とし、主催団体を通じ各地のホームレスネス、難民の支援活動の他、2019年はユニセフUSA、マララファンド、IGH(Institute of Global homelessness)に寄付される。

WBSO2018の様子

今回初開催となる日本は、東京・築地本願寺特設会場で実施。声優・歌手の椎名へきるがサポーターとして参加、会場にてベッドタイムストーリーを朗読する。また、ウイル・スミスをはじめとするサポーターからのメッセージムービーの上映、「ホームレスネスを知る、考える」をテーマに、つくろいハウス東京ファンド代表理事の稲葉剛氏をゲストに迎えたトークショー、また段ボールハウス作りなど体験することが出来る。また、スペシャルメニューの炊き出し、あさやけベーカリーのパン、甘酒や焼き芋などの屋台販売も用意される。

会場以外でも、開催当日20時〜24時任意の時間に自宅の庭など屋外で過ごし、感想や思いをSNS等で発信しリモート参加する「チャレンジ!スリープアウト」や、 この活動を応援する任意の寄付も同時に受付けている。

この機会に、冬の寒空の下で共に感じ、考えてみることが、世界の貧困・難民問題への、意識が変わるはじめの一歩かもしれない。


【スリープアウト@築地本願寺】

■2019年12月7日(土)18:00(17:00開場)〜2019年12月8日(日)6:30(雨天中止)
■会場:築地本願寺特設会場(東京都中央区築地三丁目15番1号)
■参加費:3,000円 +@任意で参加費額以上のご寄付を受付けています。
■お申込:https://www.mdm.or.jp/event/index_event_entry.php

 

【 チャレンジ!スリープアウト@日本各地の屋外で】

■2019年12月7日(土)20:00〜24:00(任意の時間で挑戦してください)
■会場:自宅の庭など屋外で20時〜24時頃まで過ごすリモート参加です。ハッシュタグ(#)をつけ、ご自身の感じたことや思いを
SNSで発信して頂きます。イベント終了後、椎名へきるさんのサイン入り参加証書を送付致します
■参加費:1,500円 +@参加費に加え任意のご寄付を受付けています。
■お申し込み:https://syncable.biz/associate/mdm/campaign


 




ABOUTこの記事をかいた人

趣味はサバゲー、キャンプ、筋トレ、格闘技、車、イベント、音楽、旅行、ペット飼育、コスプレと多岐に渡る。最近のマイブームは赤ちゃんコスプレとジビエ料理という訳の分からないキャラ。