クリストファー・ノーラン最新作『TENET テネット』9月18日 日本公開決定!

TENET-テネット』ティザービジュアル




全世界待望のノーラン最新作『TENET テネット』が、2020年9月18日(金)に日本公開が決定!更に、本日全世界で予告編が解禁された。

『ダークナイト』シリーズ、『インセプション』『インターステラー』『ダンケルク』と、斬新なアイデアや驚異的ビジュアルと圧倒的なリアリティで、常に観客のド肝を抜く映画を放ち続けている“世界でも最も次回作が期待される映画監督クリストファー・ノーラン。最新作『TENET テネット』は2014年公開の『インターステラー』以来のオリジナル脚本で描くサスペンス・アクション超大作。主演に、第91回アカデミー賞作品賞を含む6部門でノミネートされた『ブラック・クランズマン』で映画単独初主演を果たしたジョン・デビィッド・ワシントンを迎え、2021年公開予定の『The Batman(原題)』で新バットマンに決定したロバート・パティンソンエリザベス・デビッキ、そして『ダンケルク』に続いての出演となる、マイケル・ケインケネス・ブラナーら実力派俳優が共演に名を連ねる。

未だその全貌は明らかになっていない本作だが、世界解禁された予告映像では想像を超える世界が描かれている。冒頭からあるミッションと対峙する男が描かれ「この任務の内容を知りたい」「第三次世界大戦を防ぐ」「死後の世界”へようこそ」と明らかになる壮大な物語を予想させる。秘密裏に活動するエージェントたちの存在、敵も味方も分からない状況、なにより生還する鍵となる『TENET(テネット)』と呼ばれる謎の暗号。そして最後「これから起きる」と言い放つ男の前に空間が反転し時間の逆回転が!このあと何が起きるのか…!?

出演者のロバート・パティンソンは「長年見てきた中で、一番クレイジーな作品。」と答えており、現実と虚構、タイムサスペンス、そして究極の映像と、まさにノーラン作品の集大成と呼ぶに相応しいこの作品は、全世界7ヵ国、IMAXカメラで撮影をしている。

タイトルの『TENET』は前から読んでも、後ろから読んでも『TENET』であり、その文字が反転されているのは、何かの暗号なのか?早くも挑戦状が叩きつけられている。


■監督:クリストファー・ノーラン
■製作総指揮:トーマス・ハイスリップ
■製作:エマ・トーマス
■脚本:クリストファー・ノーラン
■配給:ワーナー・ブラザース映画
■オフィシャルサイト:http://tenet-movie.jp  ハッシュタグ:#TENET
© 2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved




ABOUTこの記事をかいた人

趣味はサバゲー、キャンプ、筋トレ、格闘技、車、イベント、音楽、旅行、ペット飼育、コスプレと多岐に渡る。最近のマイブームは赤ちゃんコスプレとジビエ料理という訳の分からないキャラ。