「いい夫婦の日」意外な夫婦円満の秘訣とは? 「オメガ3」の油がイライラや不調を解消!?




11月22日は「いい夫婦の日」だ。筆者も嫁と二人で仲良く平和な日々を過ごしている。筆者の家では嫁の両親が畑を持っており、“えごま”を栽培し自家製の「えごま油」を毎月送ってくれるので、常に「えごま油」が食卓にある家だ。なんと、そんな「えごま油」や「アマニ油」等に含まれる「オメガ3」が、このストレス社会でのイライラや不調解消の働きがあり、しいては夫婦円満の秘訣にもなるようなのだ。

まずは「オメガ3」の油の必要性について、日本脂質栄養学会 理事長で、麻布大学 生命・環境科学部の守口徹先生に話を聞いた。

「油は、摂りすぎに注意する時代から、今では、必要な油を賢くバランス良く摂ることが、美と健康に不可欠な時代となりました。脂質(油脂)は三大栄養素の一つで、生きていくために必ず摂らなければならないもの。体を動かすエネルギーになるほか、私たちの体を作っている約37兆個と言われる全ての細胞ひとつひとつを覆っている膜を作る大切な材料。そして、その細胞膜にオメガ3の油が適度に含まれることが、細胞膜自体の柔らかさに繋がり、体と心と脳の健康を大きく左右することがわかっています。」とのこと。

細胞膜の柔らかさが健康を左右するとはどういうことだろう。

「どんなに体に良いものを食べていても、細胞膜が硬くては体内の栄養素をうまく細胞内に取り込めず、余分な老廃物も排出しづらくなります。膜が柔らかければ、それだけ出し入れもしやすいということ。ホルモンなどの物質も細胞から細胞へスムーズに受け渡しができるようになります。」と守口先生は言う。

 

そして先生によると、キレやすい、イライラするといった感情には、オメガ3の油が足りていない可能性があるそう。「人間の脳の約65%は油で出来ており、脳が正常に動くには、 脳の脂質のバランスを良くする必要があります。バランスが崩れると脳の機能が低下し、 『感情の起伏が激しくなる』『落ち着きがなくなる』など、さまざまな症状が現れます。特にオメガ3が不足すると、気分の落ち込みや強い不安感、ストレスを感じやすくなる等、正常な判断ができなくなることがあります。最近そういった感情を強く感じているなら、オメガ3不足かもしれません。」

 

そして、なんと言っても驚愕なのが、「オメガ3と配偶者に対する暴力の関係性」という研究結果だ。それによると、コロナ以前よりDV被害が2割も増加しているなか、オメガ3を多く摂取している男性は、配偶者に対して暴力を振るうリスクが低いことが、富山大学学術研究部医学系公衆衛生学講座の松村健太講師らのグループによって明らかになったのだ。特に、オメガ3をほとんど摂っていない男性で暴力を振るうリスクが顕著に高いことから、オメガ3を気持ち多めに摂取するように食習慣を変えることで、配偶者に対する暴力行為を減らせる可能性が示唆されたという。

※内閣府 男女共同参画局調べ DV相談件数の推移 :2019.4月~2021.3月のデータより
※富山大学の研究発表は、2022年6月23日付で精神医学系専門誌「Epidemiology and Psychiatric Sciences」に掲載

この研究結果に対して守口徹先生は「最近、すぐに感情が高ぶる人が増えていますよね。キレやすい子どもによるいじめや、家庭内暴力、親の育児放棄、児童虐待など、私たちは、それもオメガ3不足が原因の1つだと推測しています。平常時は、オメガ3が不足した状態でも何も変わりませんが、生活環境などから強いストレスを受けると、簡単に攻撃的になる(限界レベルが低くなる)ことが動物実験でもわかっており、すぐにキレる、簡単なことで怒鳴る、判断が鈍ってしまい怒らなくても良いことでも相手に当ってしまうなど、攻撃性が増します。このような状態に陥るのを予防する、軽減するためにも、オメガ3の摂取は大切です」とコメントしている。

ほかにも、「オメガ3」には、妊活、産後うつ、赤ちゃんの脳の発達促進、子どもの思考力・集中力・心の知能指数をアップさせたり、花粉症などのアレルギー症状の改善、美肌効果.ダイエット、筋肉維持、ドライアイ予防、血液サラサラ効果、認知症予防など様々な効果が期待出来るという。

オメガ3の摂取は、魚介類・アマニ油・えごま油などから摂取することができるが、毎日、魚を食べることは中々むずかしい。そのため、簡単に摂取できる「アマニ油」「えごま油」を小さじ一杯摂る習慣を心がけることで、体は少しずつ変化していくという。

「オメガ3の油は、体内で合成できない必須脂肪酸のため、毎日摂るようにしましょう。まずは約1ヵ月程度を目安に肌のツヤを見てください。脳への影響は約半年ほどかかりますが、摂り続けることですべての細胞・臓器にオメガ3が行き渡るので、確実に手ごたえを感じるはず。若々しく健康でいるために、正しい油の働きを知って、毎日の食生活に取り入れることをおすすめします」と守口先生はしめくくってくれた。

いやはや、たまたま毎日摂取していた「えごま油」のオメガ3の油にこんな役割があるとは!!わが家が仲良くやっていけてるのは、「オメガ3」のおかげなのかもしれない。