キャラクターを起用した販促キャンペーンのノウハウ本『人気キャラクターを活かした「販促キャンペーン」の仕掛け方』が好調




株式会社フロンティアインターナショナルのライツ&プロデュース部プロデュサー野口光幸氏の著書『人気キャラクターを活かした「販促キャンペーン」の仕掛け方』(発行:株式会社ぱる出版、8月9日発刊)が、人気を博している。

本書は、「人気キャラクターを起用した販促キャンペーンに興味がある」、「商品力はあるが、販促が思うようにいかない」、限られた予算でも大きく売り上げる、IP〈インテレクチュアルプロパティ・知的財産〉。アニメや漫画作品などの、キャラクターを起用した販促キャンペーンが、なぜあふれているのか? なぜ売上が上がるのか? 販促キャンペーンを活かすノウハウを分かりやすく解説している一冊だ。

本の主な内容は以下―
第1章:モノが売れない時代になった
第2章:推し活全盛時代に一人勝ちする「IPキャンペーン戦略」とは?
第3章:IPキャンペーンの成功を左右する「コンテンツ愛」
第4章:IPキャンペーンで押さえたい「4つのルール」
第5章:IPが拓く可能性は無限大

また、8月10日時点で、Amazonランキング「マーケティング・セールス全般関連書籍 」部門にて1位を記録。三省堂池袋本店、丸善日本橋店、紀伊國屋書店大手町ビル店、有隣堂ヨドバシAKIBA店の「ビジネス書」週間ランキングで1位を記録し人気を博している。

■野口光幸氏コメント
巷では、なぜIP(人気アニメ等)を起用したコラボキャンペーンがあふれているのでしょうか?
実は、その理由はとてもシンプルです。コラボすることでアニメや漫画、ゲーム作品のファンによる「お試し購入(トライアル)が増加し、商品の拡販につながる可能性がアップするからです。

商品販促に「オタク」という消費者層を取り込む日本初のノウハウ本で、オタクの消費を喚起する具体的な方法を解説しています。これまでに人気コンテンツとのコラボ企画に軸を置いた販促本の類書はないため、是非ご活用いただければと思います。

宣伝、販促業界に携わっている方には必見の1冊。是非チェックしてみてはいかがだろうか。