第9回「高校生ビジネスプラン・グランプリ」、宮城県農業高等学校が受賞!環境問題を解決するプランが高評価




日本政策金融公庫は、将来を担う若者の創業マインド向上を目的としたコンテスト第9回「創造力、無限大∞ 高校生ビジネスプラン・グランプリ」最終審査会を1月9日(日)東京大学にて開催した。当日は応募総数 3,087 件(353 校)の中から選ばれたファイナリスト 10 組がプレゼンテーシ
ョンを行い、宮城県農業高等学校が見事グランプリを獲得した。

今回の最終審査会は、コロナ禍であることを踏まえ、無観客で行いその模様をWeb上でライブ配信 した。また当日は、プレゼンテーションに先立ち、岸田内閣総理大臣から高校生に向けたビデオメッセージも届いた。

グランプリを受賞した宮城県農業高等学校のプラン「#ZERO マイプラ」は、水田用肥料として使われているプラスチックカプセルの残骸による環境汚染を防止するため、ゆっくりと溶ける肥料を開発し、廃棄物ゼロを目指すプラン。事業化プロセスの完成度の高さや、環境問題を解決する商品を考案したことが高く評価され受賞に至った。

グランプリを受賞した宮城県農業高等学校の生徒からは、「受賞は本当に嬉しいです。海岸で清掃をしている時に肥料から出たごみを見つけ、このビジネスプランを思いついた。海の美しさを守る第一歩になればうれしい。」とコメントした。

日本政策金融公庫は、起業を増やし、活力あふれる日本を創っていくために、これからも次世代を担う若者の創業マインド向上に取り組んでいく。


■高校生ビジネスプラン・グランプリ公式サイト
https://www.jfc.go.jp/n/grandprix/final_review.html




ABOUTこの記事をかいた人

趣味はサバゲー、キャンプ、筋トレ、格闘技、ゴルフ、車、イベント、音楽、旅行、ペット飼育、コスプレと多岐に渡る。最近のマイブームは赤ちゃんコスプレとジビエ料理という訳の分からないキャラ。