毎年人気の 横浜赤レンガ倉庫 期間限定スケートリンク「アートリンク in 横浜赤レンガ倉庫」今年も開催!

アートリンク in 横浜赤レンガ倉庫




横浜の冬を彩るイベントとして2005年から始まった「アートリンク in 横浜赤レンガ倉庫」は、毎年多彩なアーティストが繰り広げるアートとアイススケートのコラボレーションを実施。今年で15回目を迎える今シーズンは、雑誌「ビッグイシュー日本版」に登場する可愛らしいキャラクター「マムアンちゃん」の生みの親であるタイのアーティスト、ウィスット・ポンニミット氏がスケートリンクの空間を演出する。ポップでレトロな印象の、優しい雰囲気で心温まる作品が、『アートリンク』の新たな1ページを彩る。

今年は11月30日(土)~2020年2月16日(日)までの全 79日間の開催だ。
詳細は公式HPにて。

■ウィスット・ポンニミット氏のコメント
アートリンク、大きいね!
みんながワクワクしてスケートしてるの想像してみたらカラフルな気持ちになるしかなかった。
マムアンちゃん一人ではものたりないからカラフルにたくさんのマムアンちゃんを描きました。
しかし、自分で描いたのに描きすぎてマムアンちゃんを何人描いたか忘れちゃった。
よかったら気をつけて数えてみてね!
■テーマ
SWEETS ICE RINK~あまいもの大好きスケートリンク~

 

■ウィスット・ポンニミット
1976年、タイ・バンコク生まれ。愛称はタム。1998年バンコクでマンガ家としてデビューし、2003年から2006年まで神戸に滞在。2009年『ヒーシーイットアクア』により文化庁メディア芸術祭マンガ部門奨励賞受賞。現在はバンコクを拠点にマンガ家・アーティストとして作品制作の傍ら、アニメーション制作・音楽活動など多方面で活躍する。主な作品に「マムアン」シリーズ、『ブランコ』(小学館)、『ヒーシーイット』シリーズ(ナナロク社)など。2016年にはくるりの楽曲「琥珀色の街、上海蟹の朝」PVを手掛けたほか、さいたまトリエンナーレ2016にも参加。2017年にはバンコク、東京、仙台にて個展「LR展」を開催。2018年に、雑誌「ビッグイシュー日本版」での連載をまとめた新刊『マムアンちゃん』をクラウドファンディングにより刊行。

 


【開催概要】

■イベントタイトル:アートリンク in 横浜赤レンガ倉庫

■開催期間:2019年11月30日(土)~2020年2月16日(日) 79日間

■開催時間:11月・12月   平日 13:00~22:00/土日祝 11:00~22:00
1月・2月     平日 13:00~21:00/土日祝 11:00~21:00

※ クリスマス・年末年始の開催時間
12月20日(金)〜12月25日(水) 11:00〜23:00
12月26日(木)〜12月31日(火) 11:00〜22:00
1月1日(水) 11:00〜19:00
1月2日(木)~1月5日(日) 11:00〜21:00
※荒天および氷の保守管理などで休業または開催時間を変更する場合がございます。

■開催場所:横浜赤レンガ倉庫 イベント広場(住所:横浜市中区新港1-1)

■入場料:大人700円 3歳~高校生500円
付添観覧料200円 貸靴料500円 (すべて消費税込み)


 




ABOUTこの記事をかいた人

趣味はサバゲー、キャンプ、筋トレ、格闘技、車、イベント、音楽、旅行、ペット飼育、コスプレと多岐に渡る。最近のマイブームは赤ちゃんコスプレとジビエ料理という訳の分からないキャラ。