「西遊記」へと続く冒険ストーリー!台湾京劇『The Monkey King 孫悟空 Episode ZERO』が横浜に上陸




トレンドマイクロ株式会社と一般財団法人初心は、台湾京劇「The Monkey King 孫悟空 Episode ZERO」を11月16日(土)、17日(日)の2日間、神奈川県横浜市のKAAT神奈川芸術劇場にて上演する。

本作品は2021年12月に台北の高雄市で世界初上演され、大好評だった台湾国内とシンガポール公演を経て、今回満を持して日本公演に挑む。
「Episode ZERO」は、西遊記の旅が始まる前の孫悟空の物語、いたずら好きの孫悟空が天の宮廷で大混乱を引き起こす神話伝説を、現代風にアレンジしたオリジナル舞台作品だ。
孫悟空役は、世代の違う3人の俳優が演じ分け、次々と展開されるエピソードで大暴れ!鍛錬された一流の京劇俳優たちのアクロバティックな演技とセリフまわし、煌びやかで豪華な京劇の衣裳とシンプルかつ明快なストーリーで、観客を魅了する。

台湾京劇は、中国で発祥しユネスコ無形文化遺産でもある「京劇」の伝統を継承し、常に新たな挑戦に挑み、発展を続けている。

チケットは7月7日(日)から、各プレイガイド等で早割先行開始、9月7日(土)に一般発売を開始する。

詳細は公式サイトを要チェックだ。

■公演概要
・公演名:「The Monkey King 孫悟空 Episode ZERO」(ザ・モンキーキング そんごくう エピソード ゼロ)
・開催日時:11月 16日(土)開演13:00(開場12:30)
17日(日)開演13:00(開場12:30)※各日15:40終演予定
・開催場所:KAAT 神奈川芸術劇場 <ホール>
住所:神奈川県横浜市中区山下町281 電話:045-633-6500(10:00~18:00)
最寄り駅:みなとみらい線 日本大通り駅 3番出口/4番出口(エレベーターあり)
・公式サイト:https://themonkeyking.trend.org/index-jp.html

■「The Monkey King 孫悟空 Episode ZERO」とは
中国の古典小説「西遊記」より脚色。石から生まれた石ザル・孫悟空が三蔵法師の供として天竺へ旅立つはるか前、まだ暴れ者だったころの物語。仙人のもとで修行し、七十二通りの変化の術や十万八千里をひとっ飛びする觔斗雲(キントウン)の術を習得した悟空は、海の底の龍宮から如意棒(ニョイボウ)を手に入れて武器とし、サルの王としてその名を轟かす。その暴れっぷりを警戒した天界の神々は悟空を天に呼び寄せ役人に任命するが、それがただの馬役人と知った悟空は大暴れ、天に等しい聖人「齊天大聖」(セイテンタイセイ)と自ら名乗り、さらには不老長寿の仙桃(セントウ)と妙薬・金丹(キンタン)を盗み食いし、ついには十万の天軍と対決、天地を揺るがす大騒動を巻き起こす…。中国伝統京劇の伝統を継承し、常に新たな挑戦に挑み、さらなる発展を続ける台湾京劇の洗練された魅惑の名演技です。

 




ABOUTこの記事をかいた人

趣味はサバゲー、キャンプ、筋トレ、格闘技、ゴルフ、モータースポーツ、イベント、音楽、旅行、ペット飼育、コスプレと多岐に渡る。最近のマイブームは赤ちゃんコスプレとジビエ料理という訳の分からないキャラ。