大分マリーンパレス水族館「うみたまご」で巨大アートプロジェクトが始動中!夏のアートワークショップも




大分県にある大分マリーンパレス水族館「うみたまご」では、2025年春の施設リニューアルに向けた工事の中、仮設壁を活用した巨大アートプロジェクト『あそびーち仮囲いプロジェクト』が始動。

本プロジェクトでは、全長42mの仮設壁に「すべての生き物たちがともになかよく暮らす理想の未来」が描かれており、リニューアル完了まで来場者の目を楽しませてくれる。

この作品は、画家・アーティストのコヤマイッセー氏が作画・監修を手がけ、大分県で活躍する障がい者アート集団naNka、アートワークショップの参加者たちの手によって制作が進行中だ。

さらに、作品の最後のピースとなるのは、たくさんのこどもたちによる素敵な絵画で、今夏に開催する「動物と友達になる」をテーマにした絵画コンクールの受賞作品が飾られることで、この巨大アート作品が完成となる。

肝心のリニューアルは、動物たちが岩の上から飛び込めるプールの追加に、動物たちが動き回れるスペースの拡大やあそびーち展示動物にゴマフアザラシが加わるほか、新アート遊具「くらげスライダー(仮名)」の登場、親子にやさしいトイレの設置、飲食スペースの拡大など、ファミリーで楽しむ施設としての魅力や利便性が充実するレジャースポットに。

また、アートワークショップも開催予定となるので、是非チェックしてみよう。

詳しくは公式HP(https://www.umitamago.jp/)まで。

(※拡張工事中も、従来のあそびーちの大部分は安全に営業中)

 

■コヤマイッセー氏・橋本佐枝子氏・naNka のみなさんと一緒に行うアートワークショップ

①ステンシールアートワークショップ(参加無料)
型紙を使い文字やイラストを転写するステンシルキットを用いて、仮囲いに絵を描きます。レクチャーや練習を交えて、絵に自信が無い方でも気軽にお楽しみいただけます。

6月27日(木)~28日(金)10:00~12:00、13:00~16:00
7月25日(木)~26日(金)10:00~12:00、13:00~16:00

対象年齢:年齢制限なし(高校生以下優先)。未就学児は保護者同伴。
申込方法:随時受付(同時参加最大 4 名、枠が空き次第ご案内、受付は各回終了時間 30分前まで)。

②仮囲いに直接絵を描くワークショップ(参加無料)

コヤマ氏と共に作品の監修を手がけた橋本佐枝子氏を講師にお迎えし、水族館で気になる動物をスケッチし、仮囲いに直接描きます。

7月25日(木)~26日(金)10:30~12:00、14:00~15:30

参加者:各回最大5名
対象年齢:子ども(高校生以下)優先。未就学児は保護者同伴。小学3年生以上を推奨。
申込方法:各回30分前の事前予約で先着順。