熊本城に光のアート!完全復旧の天守閣の下で「くまもと 500年 光と夢の広場」開催




2016年の熊本地震で大きな被害を受けた熊本城が今年約5年ぶりに天守閣完全復旧・内部公開を開始した。これにあわせ、光のアートの先駆者であるネイキッドとのコラボによる「くまもと500年周遊キャンペーン 2021-2022」第1弾、「くまもと500年 光と夢の広場」を11月19日(金)より開催する。

「くまもと500年 光と夢の広場」は、「秋のくまもとお城まつり」と同時開催。お城や紅葉のライトアップ、竹あかりとともに、復旧した天守閣を望める二の丸広場において、さまざまな光のアート作品が展示される。
二の丸広場には、くまもとの復興と世界平和を祈るための作品である、体験型アート「DANDELION~復興と平和への祈り」。スマートフォンをかざしてタンポポの綿毛を飛ばすことで、平和の象徴である花を咲せることができ、全国各地の「DANDELION PROJECT」とつながることができる。

また、感染症予防対策アートの「NEKEDつくばい(TM)」と「NEKEDディスタンス提灯(R)」も設置し、くまもとの肥後六花を手のひらや地面に映し出される。さらに地面を踏むと、肥後六花がランダムに咲くプロジェクションマッピングも展開する。
特別見学通路においては、未来の熊本城の姿をスマートフォンに映し出すARフィルターも用意。夢と希望にあふれる熊本城のファンタジックな姿が楽しめる。

この取組みは、2019年10月大天守外観復旧をしたことを皮切りに、2020年の特別見学通路開通、そして今年、天守閣の完全復旧と段階的に公開エリアが拡大されていくことにあわせ、「500年、城と生きる町へ。くまもと」のスローガンのもと熊本への誘客を図るプロジェクトの一環として実施。このスローガンは、熊本城築城から400年、そしてこれからの100年もまた城とともに強く生きていこうとする市民の想いや、熊本へ来られる皆様を心からおもてなしできる美しく豊かな城下町であり続けたいという想いのもと策定された。

■くまもとと世界中に花を咲かせる体験型アート「DANDELION~復興と平和への祈り」。

「DANDELION PROJECT」とは、「平和でいっぱいの世界」をコンセプトに、2020年秋より東京MIYASHITA PARK、東京タワー、二条城、シンガポール・ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ等で発表されてきた。タンポポのアートオブジェ「DANDELION」を世界中に植樹し、そのアートの体験者たちが平和への願いをデジタルの花として世界中にリアルタイムで届け合う、ネットワーク型のアートプロジェクトである。「DANDELION」を通して、体験者が飛ばすデジタルのタンポポの綿毛がネットワークを通して各地へとつながり、世界中に平和の花が咲いていく。(「DANDELION」は、本来綿毛に息を吹きかけ綿毛を飛ばし、花を咲かせるアート作品だが、今回は感染症予防対策として、スマートフォンをかざすことで、綿毛が舞う仕組みになっている。)
その「DANDELION」が、「秋のくまもとお城まつり」の開催期間中に、熊本城二の丸公園に植樹される。そこには、世界平和とともに、2016年に発生した熊本地震からの復興を願うという特別な思いも込められている。同期間中には、東京タワー、平安神宮、仁和寺、高知城などでも「DANDELION」が展示されており、「DANDELION」を通して世界中とつながり、熊本から復興と平和を願う思いを世界中にリアルタイムに届けることができる。

■肥後六花を咲かせる感染症予防対策アート「NAKEDつくばい(TM)」、「NAKEDディスタンス提灯(R)」。

期間中は、同じく二の丸広場において、感染症予防対策と光のアートを融合した「NAKEDつくばい(TM)」と「NAKEDディスタンス提灯(R)」が展開される。
「NAKEDつくばい(TM)」は、消毒液を吹きかけた手のひらに、肥後六花の花々が映し出される。「NAKEDディスタンス提灯(R)」は、提灯を灯すと地面に肥後六花の花が照らされ、その花を目印にすることで人との距離を保つことができる仕組みになっており、夜の熊本城を安心安全に楽しむことができる。
また、地面を踏むと肥後六花がランダムに咲くインタラクティブなプロジェクションマッピングも用意され、復興と平和の願いを届けるタンポポの花とともにくまもとの花を咲かせ、お城のライトアップを盛り上げる。
(こちらのアート作品は、「秋のくまもとお城まつり」終了後は、「城彩苑」に移動し、2022年1月15日まで実施される。)

■未来の熊本城を映すARフィルター「KUMAMOTO CASTLE FANTASY of LIGHTS」。

築城から400年、そしてこれから100年も城とともに強く生きていくことを宣言した「500年、城と生きる町へ。くまもと」のスローガンのもと、城の歴史を未来につなぐ施策として、特別見学通路から未来の熊本城を見ることができるARフィルターが開発された。
夢と希望あふれる熊本城のファンタジックな姿がスマートフォン上に映し出される。
(専用アプリ「NAKED INC PLAY !」のダウンロードが必要。)

また、今後の予定は、第1弾「くまもと500年 光と夢の広場」の後には、12月より第2弾のON THE TRIPによる音声ガイドアプリ「くまもと城下町ラストサムライ」、2月より第3弾の市内周遊施策「くまもとデジタル年表スタンプラリー」を予定している。


■「くまもと500年 周遊キャンペーン2021-2022」第1弾

【「くまもと500年 光と夢の広場」開催概要】
会  場:熊本城(熊本県熊本市中央区本丸1-1)
二の丸広場/DANDELION、NAKEDつくばい(TM)、NAKEDディスタンス提灯(R)
特別見学通路/KUMAMOTO CASTLE FANTASY of LIGHTS
開催期間:2021年11月19日(金)~12月5日(日)
※期間中無休
※KUMAMOTO CASTLE FANTASY of LIGHTSは、終了後も当面は常設。
開催時間:17:00~21:00(最終入場20:30)
入場料:無料 ※特別見学通路は別途入場料が必要。
URL :https://500nen.kumamoto-guide.jp/digital-art/

 




ABOUTこの記事をかいた人

趣味はサバゲー、キャンプ、筋トレ、格闘技、ゴルフ、車、イベント、音楽、旅行、ペット飼育、コスプレと多岐に渡る。最近のマイブームは赤ちゃんコスプレとジビエ料理という訳の分からないキャラ。