新橋芸者の晴れ舞台「東をどり」が2年振りに開催!第96回は歴史初の料亭を舞台にした映像とライブのフィナーレ




大正14年から続く新橋芸者の晴れ舞台「東をどり」が、10月27日(水)・28日(木)に新橋演舞場で2年振りに開催される。

幕末に興り、近代化の明治に発展した新橋花柳界。芸の一流を目指し、新橋芸者の晴れ舞台「東をどり」の場として、大正14年に造られたのが新橋演舞場。普段は一見お断りの花柳界ですが、近年は1年に1度、毎年5月に開催する東をどりでは演舞場を大料亭に見立て、踊りに料亭の食はじめ、様々に伝わる文化を遊ぶ場として人気を博してきた。

今夏 撮影風景から

96年目の昨年は、コロナ禍により中止を余儀なくされ、街から仕事は消え花柳界にも大きな影響が出ている。が、160年を超える街の歴史は100年前の感染症も乗り越えてきた。困難に挑む進取の気風こそが街の色と、活気を戻すためにも東をどりの開催を探っていた。

未だコロナ禍は終息をみないが、疫病を侮らず新しい東をどりの形を模索し映像に辿り着いた。劇場の感動はそのまま映像にしても伝わらないと考え、閉ざされている花柳界を背景にすることで映像美を表現できないかと、新橋花柳界の歴史で初めて料亭を舞台にする事にした。常日頃指導する花柳、西川、尾上の三流派から、今回は、尾上流が総合演出。家元菊之丞と打ち合わせを重ね制作に臨んだ。

春夏秋冬、新橋花柳界に巡る四季を、料亭の広間に小間、竹林や庭、昼の光り、夜の灯りを背景に、芸者衆の踊りを映像化。歌舞伎公演、宝塚歌劇団など数多くの作品を振り付ける、尾上菊之丞ならではの美意識が映像美を作り、西川左近の豊かな経験と花柳寿輔の若き感性がそれを支えた。
今冬の映像配信を前に、演舞場に大スクリーンを設えお披露目し、間髪なしで大舞台に芸者衆が勢揃いし、いつに変わらぬ口上からフィナーレの踊りに、新橋芸者の誇りと感謝を込める。


【第96回 東をどり 開催概要】

■日時:
令和3年10月27日(水)28日(木)各日4回全8回公演
壱の回  11:00~11:40
弐の回  13:00~13:40
参の回  15:00~15:40
夕の回  17:00~17:40

■会場:新橋演舞場 東京都中央区銀座6-18-2

■チケット:
・桟敷席 10,000円(税込み)
※桟敷席とお持ち帰り料亭謹製東をどり弁当を合わせた特別鑑賞券
・全席指定  4,000円(税込み)
※新型コロナウイルス感染予防の基準に従った座席仕様、館内対応を行います。

■前売り開始:9月10日(金)より
・電話/チケットホン松竹:℡ 0570-000-489 または03-6745-0888 (午前10時~午後5時)
・Web/チケットWeb松竹:http://www1.ticket-web-shochiku.com/t/
(24時間受付/発売初日は午前10時より)
・窓口販売/新橋演舞場 切符売場  (午前10時~午後5時)

■料亭の食:東京𠮷兆・新喜楽・金田中・松山・米村・わのふ
・お持ち帰り 酒肴の折 3,000円(税込み)
一つの献立から、六つの料亭の違いを競う酒肴詰め合わせ。
チケット購入後に下記でお申し込みの上、当日劇場でお渡しします。
・申込先:演舞場サービス ℡ 0120-224-117 (午前10時~午後4時)

■映像配信について:
今回10月27日28日にお披露目する映像に加え、当日新橋演舞場の舞台での芸者衆勢揃いのフィナーレを加え、今冬、配信を予定しています。
詳細は、決まり次第改めてご案内させていただきます。

■東をどり公式ホームページにおいて、映像の特報3篇、予告編1篇を公開
今回の映像の収録風景など、順次公開予定

■東をどり公式ホームページ:https://azuma-odori.net

■東をどりに関する一般の方からのお問い合わせ先:
東京新橋組合 TEL:03-3571-0012 (平日 午前10時~午後5時)

<東をどりの歴史と背景>
幕末に興った新橋花柳界。徳川贔屓の江戸の中、維新を前に薩長の志士を迎えました。明治になって彼らは政府の中枢、街は大きく発展します。芸の一流を街の目標に稽古を重ね芸処となります。京、大坂に在った芸者の歌舞練場に倣って、大正十四年に新橋芸者の晴れ舞台として建設されたのが、新橋演舞場。
その杮落としは、新橋芸者の公演「東をどり」として初回の歴史が始まりました。
戦火に焼けた演舞場を新橋の精神的支柱として蘇らせようと、昭和23年春に「東をどり」は再開しました。
川端康成、吉川英治、谷崎潤一郎など、文豪の書き下ろし脚本の舞踊劇、横山大観、小倉遊亀、前田青邨など、一流画家による舞台美術等、新橋花柳界ならではのご縁を頂いて、豪華な舞台は人気を集めました。
また、踊りの名手、まり千代の美しい男姿や、スター芸妓が登場し、公演は大成功。楽屋口には出待ちの女学生の人垣が出来るなど、ファンが広がって行きました。芸の新橋は、一流の指導者と何より稽古に励む街の風が支えます。そして、現在では、芸者と料亭がひとつになり、新橋演舞場が大料亭になる、東をどり。日本の綺麗な芸や粋がそこに集います。




ABOUTこの記事をかいた人

趣味はサバゲー、キャンプ、筋トレ、格闘技、ゴルフ、車、イベント、音楽、旅行、ペット飼育、コスプレと多岐に渡る。最近のマイブームは赤ちゃんコスプレとジビエ料理という訳の分からないキャラ。