国分太一、“濃いコク”のうまさに驚き!「サッポロ 麦とホップ」新TVCMが公開




サッポロビールは、「サッポロ 麦とホップ」を2022年1月製造分から順次リニューアル発売する
ことに伴い、国分太一を新CMキャラクターに迎え、TVCM「15年目の濃いコク篇」が本日2月8日より全国で放映開始した。

「麦とホップ」は2008年の発売以来ずっとコクにこだわりつづけ、うまさを積み重ねてきた。そして 15年目を迎える2022年、ついに集大成ともいえるコクが完成!今回のリニューアルでは「うまみ麦汁製法」に加え「高濃度仕込」を新たに採用。さらに「厳選うまみ麦芽」を一部使用することで、麦本来のうまみを引き立たせた濃くてうまい「コク」を実現している。
そんな集大成のコクを伝える新CMキャラクターには国分太一を迎えた。モノづくりへの強い思い入れがあり、現在は『株式会社TOKIO』として事業家の顔も持っている国分。作り手の思いを非常に深く理解し、そこに寄り添う国分だからこその説得力のあるCMに仕上がっている。

「サッポロ 麦とホップ」の新パッケージデザインがあしらわれた金色の壁を背に、セリフを決めない、監督とのインタビュー形式で撮影開始。グラスに自ら注いで飲み始めると「うま!(驚)」「コクが凄い」「濃いな~」とまさに狙い通りの反応をする国分。 国分自身「(CMを)撮影していたのかな?」と撮影後のインタビューでも振り返るほど、自然体で新しくなった「サッポロ 麦とホップ」のコクを楽しんでいた。 「すいませーん、 もう一杯ください!」と自らおかわりを注文して現場を和ませるなど、笑いの絶えない現場となった。 国分が最初に一口飲んだ後の、まさに素のリアクションにもぜひ注目していただきたい。

■国分太一 インタビュー
Q:撮影を終えられてのご感想をお願いいたします。
国分太一(以下国分):撮影していたのかなというくらいリラックスして、“麦とホップ”たくさん頂きまして、あっという間に終わってしまいました。
――:普段の国分さんそのままみたいな形だったのですか?
国分:そうですね、普段のお酒を飲んでいるときの僕を見てもらっているんじゃないかなと思います。
――:何回も、もう一生分の「コク」っていう言葉を言われたんじゃないでしょうか?
国分:名前にも入っているので、これからも言い続けると思うんですけれども。でも、なんでもそうなんですけれども、やはり、食べ物も含めて、コクが 命だと思います。“麦とホップ”でも、そのコクが変わっていますので、是非、皆さんにも楽しんでもらいたいと思います。

Q:新しい麦とホップを飲んでみた、印象・感想を教えていただけますでしょうか?
国分:先ほども言いましたけれども、コクです。コクが違うっていうのと、味が濃い、そういったところが衝撃でした。
――:どんなシチュエーションで飲んでみたいですか?
国分:シチュエーションですか。友達などと最初の乾杯を“麦とホップ”で、皆さんにもしてもらいたいと思います。

Q:今回の商品は“15年目の濃いコク”というキャッチコピーがポイントです。国分さんが長年続けてきたことで、“だいぶコクが出てきたな”なんて感じるモノとかコトってございますでしょうか?
国分:もう、グループですよね。グループはもっと長くやっていて、グループから僕らの場合は会社に変わったので、コクは変わったんじゃないかなと、コク出てきたんじゃないかなと思います。

Q麦とホップ は、 ビール好きが推す楽ウマおツマミ「#推しツマ」というのを紹介していますが、国分さんが、是非おすすめしたい「#推しツマ」を教えて下さい。
国分:うわっ、難しい、なんだろう。でも、やっぱり、餃子じゃないですか、焼き餃子。必ず焼き餃子を食べるときは、ビールが欠かせないじゃないですか。僕、ご飯よりもビールのほうが合う気 がするんです。餃ビーって言ってますから。
――:国分さんの好みの餃子が何かありますか?
国分:うちの母親がつくる餃子は、隠し味に味噌が入っているのと、あと、シソが入っているんです。あっさり食べられるんですけれども、もちろん、ちょっと多めの油なので、揚げ焼き的な感じがあるんですけれども、母親のつくる餃子と“麦とホップ”はめちゃめちゃ相性がいいと思います。
――:餃子はご自分で作られたりとかするんですか?
国分:それはもう、母親の味を伝授しているので。母親から借りている鉄鍋みたいのもあるので、それで焼くと完璧なので、餃ビーです。

Q:麦とホップはビール好きの皆様に晩酌を楽しんでいただけるような取り組みを展開しております。国分さんのおうち時間や晩酌時間の過ごし方、何か教えていただけますでしょうか?
国分:これもいろいろパターンはあると思うんですけれども。
では、2パターン考えました。1つは、帰ってきて、すぐ手を洗って、そのまま冷蔵庫へ行って、“麦とホップ”を開けて、ガァーッと飲みながらキッチンに行く。飲みながら料理をつくり、料理が完成したときにもう入ってないというパターンです。もう1缶開けて食べる、飲むっていうようなかたちがいいんじゃないかなと思います。これが1パターン。
あと、もう1パターンは、ビールを飲むためにシチュエーションをつくるというのを敢えて。敢えて大変なことをする。僕で言うと最近、キャンプにハマっていますので、例えば、敢えてベランダにキャンプ用のテーブルと椅子を並べて、そこにランタンみたいものを置いて準備をかけて、「よし。じゃあ、ビールのためにこれだけセッティングしたんだから、おいしく飲もう!」という、主役はビールというような時間をつくるのもいいんじゃないでしょうか。
――:要はベランピングでしょうか?結構されるんですか?
国分:僕はキャンプに行っちゃったりするんですけれども、家時間が長いときもあるわけじゃないですか。そういうときは敢えてそういう手間暇かけてというか、時間をかけてビールのためにセッティングなどはしました。
――:すごい理想な過ごし方ですね。
国分:ありがとうございます。

Q:2022 年の目標、チャレンジしてみたいことなどがありましたら教えてください。
国分:チャレンジしたいことは株式会社TOKIO として利益を出すことです。1年目はいろいろと初期投資ということを覚えまして、かなり最初にバスンと出しましたので、ここから2年目としましては、ちゃんと会社として認められ、サッポロさんと一緒に協業して新しい商品を開発したり、会社の人間としても頑張っていきたいと思っております。
――:サッポロビールとの具体的な投資のチャレンジは何ですか?とお伺いしようと思ったんですけれども。
国分:今、ちょっとだけ僕の左目線にサッポロさんがいることが分かっているので、ちょっとカメラ目線ではありながら心は向こうを向いているということで、是非、サッポロさんとは協業したいと思っております。
――:それは今、営業をかけていますか?
国分:そうですね、よろしくお願いします!すみません。(笑)
一同:(笑)


【麦とホップ ブランドサイト】
https://www.sapporobeer.jp/mugitohop/




ABOUTこの記事をかいた人

趣味はサバゲー、キャンプ、筋トレ、格闘技、ゴルフ、車、イベント、音楽、旅行、ペット飼育、コスプレと多岐に渡る。最近のマイブームは赤ちゃんコスプレとジビエ料理という訳の分からないキャラ。