日本初の新体験!絵画の世界に入る没入体験ミュージアム「Immersive Museum」開催決定

「Immersive Museum」開催




最新のテクノロジーで芸術作品の世界を蘇らせる日本初の没入体験型ミュージアム「Immersive Museum(イマーシブミュージアム)」が、4月17日(金)~8月12日(水)の期間、東京天王洲寺田倉庫G1ビル5Fにて開催される。

「Immersive Museum」は、近年演劇やアート、エンターテインメントのジャンルで世界的なトレンドとなっている“Immersive=没入感”をキーワードとする、新たなアート体験プログラムだ。特別な音響効果と壁面・床面全てに投影される没入映像を組み合わせて、広大な屋内空間に名画の世界を再現。参加者はその空間内を自由に歩き回ることができ、あたかも全身で名画の世界に入り込んだような究極のアート体験が可能になる。日本開催第一弾となる今回のテーマは“印象派” IMPRESSIONISM。世界的に人気の高いクロード・モネの「睡蓮」やドガの「踊り子」ルノワールの「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」といった、印象派の名画の数々を没入映像化しました。高さ5.5m、約1400㎡の巨大空間に、印象派の作家たちの視点で見た作品世界を再現し、アートの “鑑賞”体験が大きく進化する。

今回のプログラムでは、19世紀の西洋絵画研究で知られる早稲田大学文学学術院 坂上桂子教授監修の元、クロード・モネの作品を中心に、印象派を代表する8名の画家と約70作品を選定。19世紀のフランスで絵画の世界に大きな革新をもたらした作品群を8つのシーンにわけて構成している。19世紀当時にモネが見たであろうフランスのル・アーヴル港を、最新のCG技術を用いて実際の絵画作品と融合させる「印象、日の出」。印象派の特徴でもある鮮やかな絵の具を分割し、スケールを変えてみせることで制作過程の絵の中に入り込んだような体験ができる「印象派の技法」。同じ風景の異なる瞬間を切り取った作品群を連続的につなげ、時間の移ろい自体を体験できる「モネの連作」。こうした様々な手法を通じて、鑑賞者が画家自身になったかのような“視点の転換体験”を生み出し、日本のアート体験を大きく拡張する。


*イメージ画像

この機会に、「絵画の世界の中に入る」といった新感覚を是非体験してみてはいかがだろうか。


【実施概要】
■イベント名:Immersive Museum(イマーシブミュージアム)
■期間:2020年4月17日(金)~2020年8月12日(水)
■場所:寺田倉庫G1ビル5F (東京都品川区東品川2-6-4)
■アクセス:りんかい線 天王洲アイル駅 B出口より徒歩4分
東京モノレール羽田空港線 天王洲アイル駅 中央口より徒歩5分
京急本線新馬場駅から徒歩10分
JR品川駅港南口から徒歩20分
■主催:Immersive Museum実行委員会
株式会社電通、株式会社ドリル
佐々木興業株式会社、株式会社エイド・ディーシーシー
■動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=ti318M28-4g
■公式サイト:https://immersive-museum.jp/
■公式SNS:Twitter https://twitter.com/MuseumImmersive
Instagram https://www.instagram.com/immersive.museum/
Facebook  https://www.facebook.com/immersivemuseum/
■チケット:各チケットプレイガイドで販売(イープラス / ローソンチケット / チケットぴあ)
2020年2月15日(土)10時発売開始予定
■入場券:大人 2,500円(税込) / 中学生・高校生 1,500円(税込) / 小学生 800円(税込)
※小学生未満は入場料無料です。会場にて当日券もお求め頂けます。
■協賛:寺田倉庫
■主管/企画制作:株式会社ドリル、株式会社電通




ABOUTこの記事をかいた人

趣味はサバゲー、キャンプ、筋トレ、格闘技、車、イベント、音楽、旅行、ペット飼育、コスプレと多岐に渡る。最近のマイブームは赤ちゃんコスプレとジビエ料理という訳の分からないキャラ。