「食から日本を考える。NIPPON FOOD SHIFT FES.大阪」がグランフロント大阪で1月15日・16日に開催!




農林水産省は、農林漁業者・食品事業者および消費者が、日本の食がかかえる課題や目指す未来について、ともに考えるきっかけとなるイベント「食から日本を考える。NIPPON FOOD SHIFT FES.大阪」をグランフロント大阪で1月15日・16日の2日間にわたり開催する。

農林水産省では、本年度より、食と農のつながりの深化に着目した新たな国民運動「食から日本を考える。ニッポンフードシフト」を実施。その一環として、同イベントを昨年10月の東京会場を皮切りにスタートし、この度2都市目の開催となる。

当日は、笑い飯・哲夫や農林水産省から青山技術総括審議官兼技術会議事務局長をはじめ、さまざまな立場の著名人が登場し、これからの「食」のあり方について意見を交わす。また、日本の食料問題やこれからの食や農の未来に真剣に向き合った大学生たちが、JA全中の中家会長に直接意見をぶつける「関西の大学生がJA全中の会長に直接聞いてみた」など、多彩なトークセッションが行われる。

その他にも、20を超える関西の生産者が一堂に集まり、さまざまな「フードシフト」を実践するマーケットが出店。
2010年から本格始動したプロジェクト“FANTASTIC MARKET” は、「出会い、繋がる、 広がる」をキーワードに食にまつわる活動を展開。楽しくお買い物しながら、こだわりをもって生産している方たちの食品にまつわる素敵なお話を直接聞き、コミュニケーションを育みながら調理法や保存法なども楽しく学ぶことができる“FANTASTIC MARKET” のコンセプトはそのままに、今回は“NIPPON FOOD SHIFT” とコラボレーションし、食にまつわる実りある出来事をつくっていく。

また、SAVVY 2021年12月号のマンガ飯の企画で再現したレシピの中から、「凪のお暇」の“ぼにぎり”、「女の園の星」の“うどんまん” を国産食材で再現し販売する。マンガに出てくる料理の再現レシピが掲載された冊子を見ながら是非味わってみよう。

詳細は公式HPをチェックだ。


【開催概要】
■期間:1月15日(土曜日)11時〜19時、16日(日曜日)11時〜18時
■ 場所:グランフロント大阪(〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町3−1)
北館1Fナレッジプラザ、うめきた広場サブスペース
■ 費用:無料
■ URL:https://nippon-food-shift.maff.go.jp/fes/osaka/