食品衛生管理サービス『FooF(フーフ)』が12月~3月末までの4か月間、無償提供が決定!




F-BRIDGEが12月1日(火)より開始した、月額500円で誰でも簡単にHACCP義務化に対応した食品衛生管理ができるアプリサービス『FooF(フーフ)』は、全国の飲食店経営者に対し12月~3月末までの4か月間、新型コロナウイルス感染症対策向けの記録表の機能を追加し無償提供することを決定した。

■参考記事:飲食店経営者は必見!HACCPの義務化がご存じ?食品衛生管理サービス『FooF(フーフ)』が12/1(火)よりスタート

F-BRIDGEの代表取締役社長 吉岡博司氏は今回の無償提供に関して、メッセージを残している。

「新型コロナの感染が広がり、12月3日には大阪市初となる大阪モデルも赤信号が点滅され、不要不急の外出自粛や時短営業の要請など、飲食店経営者にとって深刻な事態になっています。」と、今の飲食業界の危機的状況に触れながら、「コロナ禍の飲食店経営のサポートは私たちの使命と考え、アプリサービス『FooF』に急遽、新型コロナ感染予防対策用にカスタマイズできる機能を追加し、2021年3月まで全国の飲食店経営者に無償提供することを決意しました。」と語る。

さらに、「この決断は私たちにとって、簡単な事ではありませんでしたが、この冬を乗り越え、春を迎えるころには第3波が終わることを祈り、飲食店経営者のみなさんにもなんとかこの冬を持ちこたえていただけるよう、私たちができる最大限のサポートをしていきたいと考えています。」と想いを述べた。

『FooF』では、計画と記録を作成する機能を利用し、食品安全に精通した専門家監修のもと、チェック内容、記録項目を登録することが可能な機能を追加。

チェック項目は自由に変更が可能で、店舗のレベルに合わせた管理を行うことができるため、「店舗で必要なチェック項目」と「従業員健康・衛生チェック項目」で、毎日の記録を負担なく行う事が可能になることで、簡単に新型コロナウイルス感染症対策向けの記録表を作成することができるように。

皆が一丸となって、この変化の激しい時代を生き抜いていく必要があるだろう。

『FooF』について詳しくは、こちらをチェック!