オールセットオフィスも嬉しい!ニューノーマル時代対応のオフィス『リードシー恵比寿ビル』がテナント募集を開始




既存ビルにリノベーションを施し再生する投資用不動産事業を推進しているコスモスイニシアは、働き方の多様化に対応する空間デザインを採用した『リードシー恵比寿ビル』(渋谷区恵比寿南)のテナント募集を開始した。

新型コロナウイルス感染拡大の影響は、社会のあらゆるシステムを大きく変えたといっても過言ではない。ビジネスにおいても、働き方の多様化に伴い、オフィスの在り方にも変化があった。

『リードシー恵比寿ビル』は、コスモスイニシアが住まいづくりを通じて培った「そこでのすごし方にこだわった空間づくり」をオフィスプランに取り入れ、kenmaとの共同企画による空間設計を採用。

働く人の視点を考えた空間デザインであり、入退去コストを抑えるオールセットオフィス(あらかじめ家具や什器が設置されているオフィス)により、働き方の柔軟性や働く人の生産性を高めることも目指している。

オールセットを取り入れたことで、設置された什器以外に足りない分の搬入だけで済むため入居期間の短縮や、総務担当者の負担軽減
内装費や原状回復費の削減等、オフィス入居・退去コストを圧縮など様々なメリットが生まれ、事業主にとっては嬉しい限りだろう。

屋上(Room B)

地下1階(Room B)

さらに、地上部と屋上部にテナント専用のワークスペースとして「Room B」が用意されている。

オフィスのワークペースを屋外に拡張することで、三密を避け、withコロナ時代に求められる、新たなワークスタイルを支援するオフィスの新提案。

今回、コスモスイニシアにインタビューも実施した。


■現在、どのような事業者からの問い合わせが多いでしょうか。

おおきくは2つ考えております。

1:成長中のスタートアップ企業、拡大のスピードが速いので柔軟なオフィス環境へのニーズがあるだろう方々
2:コロナ禍での分散就業、サテライトオフィスなどのニーズがあるだろう方々(ニューノーマル時代対応ニーズ)

■オールセットオフィスは入居を検討している事業主にとって大変有難いサービスだと思います。御社としてのメリットも聞かせてください。

ターゲットを成長するスタートアップに置いたことで、これまでは出会えなかったテナントさんと接点ができたことでしょうか。あとは、今後のビジネス環境変化を先取りできているサービスだと思うので、ニーズがどんどん増える可能性は高いと考えています。

■今後も『リードシー恵比寿ビル』のようなリノベーションビルを増やしていくご予定はありますでしょうか。

リノベーションビルは、これまでにもかなりの数を手掛けており、今後も継続していきます。『リードシー恵比寿ビル』に取り入れたオールセットは、お客さまのニーズやエリア特性に合わせてご提供する予定です。

また、Room Bは今回のビルの特長を生かしたプランですが、入居テナントのご意見を参考に今後の取り組みに活かしていきたいと考えています。


オフィス移転を考えている人も、新しく事業をスタートさせる人も一度チェックしてみよう!

詳しくは、公式サイトまで。